Contact Form 7で自動返信メールを送るには

WordPressで定番となっているお問合せフォームであるContact Form 7ですが、これはお問合せを受け付けるだけではなく、確認のメールを送るなどの自動返信機能も持っています。

今回はContact Form 7で自動返信を行うための設定をしていきましょう。

実際にこの記事の下に自動返信を行うお問合せフォームを設置していきます。

プラグインはインストール済みで話を進めます。

Contact Form 7 公式ページ
http://contactform7.com/ja/

 

プラグインの一覧ページから設定をクリックします。

クリックしたら初期設定の「コンタクトフォーム1」がありますので、今回はこれを使って設定をしていきましょう。

 

 

編集、またはタイトルを押したら編集画面に移動していきます。

 

 

編集画面に移動したら赤い枠で囲んでいる「メール」をくりっくしてください。

メール設定の編集画面に移動します。

 

この画面の一番下にスクロールしていくと「メール(2)を使用」が出てきますので

このチェックボックスにチェックを入れて下さい。

チェックボックスを入れたら以下の画像のように編集項目が現れます。

ここで一番大事だと思っている箇所は「送信元」の設定です。

ご自身で使用しているメールアドレスがあればこの部分を使用しているメールアドレスに変更していきましょう。

設定ができましたら、相手に自動で送りたい(自動返信)内容を「メッセージ本文」に書き込んでいきます。

送りたいメールの内容が書けましたら下の「保存」を押してください。

これで自動返信の設定が完了しました。

 

 

 

ファイルを添付して自動返信メールを送りたい場合

メールに添付する形で特典ファイルを送る場合はローカルファイルでファイルを指定する必要があります。

多分、多分ですが、ほとんどの人は

何のこっちゃ!

となることでしょう。ですので、現実的に可能、かつ簡単にメールからファイルを受け取る方法をお伝えします。

 

それは特典ファイル(添付ファイル)を一度Wordpressの「メディア」にファイルとしてアップロードし、そのURLをメールに記載するという方法です。

そしたらそのURLを添付したらいいんじゃない?と思うかもしれません。

つまりはこのような状態のことです。

しかし、これでは添付が機能しないのです。

ファイルのURLを書くのではなく、ここで使いたい場合は「相対パス」を記入しないと反映されないからです。

相対パスっていう言葉だけで頭から煙が出てきますよね。

ですので、簡単な方法として先ほども書いたように「メディア」にファイルとしてアップロードし、そのURLをメールに記載するという方法をおススメします。

 

メディアにファイルをアップする

 

管理画面左にある「メディア」から「ファイルのアップロード」をクリックするとアップロードするファイルを選択できる画面になります。

ここからメールに添付したいファイルをアップロードします。

 

アップロードしたファイルのURLを調べる。

例えば、この赤い枠で囲んだ画像を添付させたいとしましょう。

その場合、このアップロードされている画像をクリックします。

そうしたら画像の詳細情報が出てきますので、この中のURLを全部コピーしてください。

このURLがあればこのファイル(画像)を見る(ダウンロードする)ことができます。

 

つまり、このURLを自動返信するメール本文に書いてあげれば、実質添付しているのと同じことになります。

 

 

以上で自動返信の作り方の説明を終わります。

他のカスタマイズに関してはまた別の機会にご紹介しますね!

Wordpress

Posted by una


PAGE TOP